1. がん保険について
  2. がん保険選び ポイント1
がん保険

がん保険選び ポイント1

がん保険選び ここは押さえたい!!3つのポイント

上皮内新生物でも各種給付金が受け取れる保険を選びましょう

がん保険について上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)って何のこと?と思われる方も多いかもしれません。

上皮内新生物の事を簡単に表現しますと「体の一部分に留まった状態のままで、転移の危険が無い、比較的小さな悪性腫瘍」になります。良く「初期がん」や「上皮内がん」という言い方をします。

一方で、いわゆる“がん”の事を「悪性新生物」と言いますが、「上皮内新生物」と分けているのは医学分類上のお話です。そして、がん保険の保障対象になるかどうかは、その医学分類にて判断します。

長く契約しているがん保険の方は保障対象を確認してみてください

がん保険について現在販売されているがん保険についてはあまり気にする事は無のかも知れませんが、長く契約をしている(だいぶ前から契約している)がん保険の場合、この「上皮内新生物」を保障対象外としている商品が在ります。なお、現在販売中のがん保険でも「悪性新生物」と「上皮内新生物」で給付金額に差を付けている商品が在ります。

「上皮内新生物の保障は必要ないんじゃないか」とか「上皮内新生物の保障金額に差があっても別に構わないんじゃないか」という意見もあります。私もその事だけでがん保険やがん保障関連商品の良し悪しを判断するつもりはありません。きちんとご契約されているお客さまがその事をお知りになりその事を承知して契約をされているのであれば良いと思います。

個人的には短期とはいえ入院・手術を行い心も体も大変な思いをする訳ですから、がん保険の保障対象外となってしまうよりも、がん保険の保障の対象になる方が良いのではないかと思います。

がんの診断確定について

がん保険について ちなみに「悪性新生物」や「上皮内新生物」等の診断はどの時点で確定するのでしょうか。実は、がん保険の補償対象になるかどうかの見極めは、実際の腫瘍の組織細胞を病理検査して出て来た結果を持って判断します。(例外もあります)
その為、入院前にあらかじめがんの組織細胞の生検によりがん診断が確定されるケースを除いては、手術中に取り出した腫瘍の組織細胞を病理検査した上で診断確定がされます。(通常は術後1週間位かかります)なお、ご契約のがん保険によっては診断確定される前の一連の入院等を補償対象外とする商品がありますので、ここにも注意が必要ですね。

このページを見ている方はこちらもページもご覧いただいています。

がん保険選び ここは押さえたい!! 3つのポイント その1
がん保険選び ここは押さえたい!! 3つのポイント その2
がん保険選び ここは押さえたい!! 3つのポイント その3
がん保険を考える前に知って欲しいこと

このページを見ている方はこちらもページもご覧いただいています がん保険選び ここは押さえたい!! 3つのポイント その1 がん保険選び ここは押さえたい!! 3つのポイント その2 がん保険選び ここは押さえたい!! 3つのポイント その3 がん保険を考える前に知って欲しいこと 【トピックス】がんの診断確定について 【トピックス】がんの発見について 【トピックス】高度先進医療について

保険の紹介
お客さまの声 紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご相談イメージどんな保険がいいの?わたしに最適な保険って?

私たちと一緒に考えてみませんか。1人で悩むより、あなたらしい答えを見つける近道かもしれませんよ! 私たちもお客さまとのやり取りの中で気付かされる事もあります。
まずはお気軽にご相談ください。もちろんご相談は無料です!

保険の相談が初めての方や専門的な知識はなくても心配いりません。
分かりやすい言葉でご説明しますので、ご安心くださいませ。
埼玉の保険相談・保険見直しはてんクロへ!

保険の無料相談のご予約はこちらから
※受付時間外や定休日でもご予約後の相談・面談等は可能です!


このページの先頭へ